第31回 特定非営利活動法人 日本顎変形症学会 総会・学術大会

第17回教育研修会

特定非営利活動法人日本顎変形症学会主催の第17回教育研修会は、下記のとおりインターネット(ウェビナー;Webinar)開催とすることになりましたのでお知らせいたします。


視聴期間

2021年6月11日(金)9:00~6月25日(金)17:00


主題

開咬症例に対する顎変形症治療


開会の挨拶

冨永 和宏 先生(特定非営利活動法人日本顎変形症学会 学術委員長)


理事長挨拶

髙野 正行 先生(特定非営利活動法人日本顎変形症学会 理事長)


1. 開咬症例における顎顔面骨格形態の診断

  • 前後的および垂直的顎間関係の診断
  • 骨格性開咬(ハイアングル)の特徴
  • 顎関節症と骨格性開咬(ハイアングル)の関係
    溝 口  到 先生(東北大学大学院歯学研究科顎口腔矯正学分野)

2. 開咬症例における治療計画の立案

  • CDS の紹介
  • 軟組織側貌の予測
  • Go down とincisor exposure に関する注意点
    河内 満彦 先生(東北大学大学院歯学研究科頭蓋顔面先天異常学分野)
    五十嵐 薫 先生(東北大学大学院歯学研究科頭蓋顔面先天異常学分野)

3. 開咬症例における矯正治療と外科的矯正治療の適応

  • 歯科矯正用アンカースクリューを用いた上顎大臼歯の移動様相(文献紹介を含む)
    北浦 英樹 先生(東北大学大学院歯学研究科顎口腔矯正学分野)
    福永 智広 先生(東北大学大学院歯学研究科顎口腔矯正学分野)
    清流 正弘 先生(東北大学大学院歯学研究科顎口腔矯正学分野)

4. 開咬症例における顎矯正手術(上下骨切りの留意点)

  • 上顎に対する対応(Le Fort I 骨切り術,前歯部歯槽骨切り術)
    竹信 俊彦 先生(神戸市立医療センター中央市民病院歯科口腔外科)
  • 下顎に対する対応(下顎骨に対する手術,舌縮小術など)
    渡 辺  章 先生(東京歯科大学口腔外科学講座)

5. 術後合併症,後戻りへの対応

  • 合併症,予後等
    山内 健介 先生(東北大学大学院歯学研究科顎顔面・口腔外科学分野)

座長総括


   

受講資格

本学会会員に限ります。


受講料

3,000円 注)納付された受講料は、原則としてお返しいたしません。


教育研修会 申込方法

事前登録のみとし、登録は 4月14日(水)正午〜 6月4日(金)正午まで受けつけることといたします。


参加登録

  • 参加登録時にWebinar参加のためのIDとパスワードを設定してください。
  • 教育研修会資料はダウンロードできるようにします。(郵送はありません)
  • 受講後全プログラムの視聴(ログ)確認が出来た方には修了証を発行いたします。
  • 受講料の領収証は視聴ページからダウンロードしてください。