第165回 日本消化器内視鏡学会東北支部例会

2020年7月11日(土)弘前文化センター

第165回支部例会の開催方式について

2020年12月3日

会員の皆様方におかれましては、日々の過酷な状況での診療のなか、学会活動にご尽力いただき、誠にありがとうございます。
おかげさまで本例会においては、予想をはるかに上回る演題のご応募をいただきました。心より感謝申し上げますと同時に、新たなセッションとして「若手医師フォーラム」の追加を決定いたしました。該当者には通知の上、確認澄みです。
 また本例会においては、シンポジウム(炎症性腸疾患における内視鏡検査と治療戦略)、ワークショップ(緊急内視鏡の現状と課題~トータルマネージメントの観点から)、プレナリーセッション(めざせ!消化器内視鏡専門医)に加え、スポンサードセミナー5題を予定しております。
プログラムの詳細はプログラムページ参照、発表の手順は後日ホームページに公開します。 
繰り返しになりますが、この度はコロナ禍のなか、初めてのweb開催となり、ご不便をおかけしますことをお詫び申し上げます。無事に開催できますよう事務局一同鋭意準備をして参る所存ですので、引き続きご理解、ご鞭撻を賜りますようよろしく御願いします。

 

第165回日本消化器内視鏡学会東北支部例会
会長 石黒 陽

 第165回日本消化器内視鏡学会東北支部例会は2021年2月5日(金)仙台国際センターにてハイブリッド開催を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染者数増加の傾向を鑑み、WEBでの開催で行う方針となりました。

 当日は主題演題を中心としてLive配信、または事前収録した講演のオンデマンド配信などを予定しております。

 シンポジウム(炎症性腸疾患における内視鏡検査と治療戦略)、ワークショップ(緊急内視鏡の現状と課題~トータルマネージメントの観点から)、プレナリー(めざせ!消化器内視鏡専門医)セッションを企画しておりますが、一般演題の募集は行いません。

 上記の企画における採択演題のみの発表となりますが、ご理解賜りますよう御願いすると同時に、奮って演題登録ならびに御参加いただけますようよろしく御願い申し上げます。

 開催内容の詳細につきましてはホームページにて順次お知らせする予定です。

 一刻も早く事態が収束に向かうことを祈念しつつ、事務局一同開催に向けて鋭意努力して参る所存です。引き続きご支援の程、よろしくお願い申し上げます。

2020年9月
第165回日本消化器内視鏡学会東北支部例会会長
石黒 陽

演題募集期間

2020年10月7日(水)~2020年11月11日(水)
11月18日(水)
  11月25日(水)正午

締め切りました

新着情報

2021.01.07
参加者・座長・発表者へのご案内を更新しました
2020.11.25
演題登録を締め切りました
2020.11.18
演題登録を再延長しました
2020.11.11
演題登録を延長しました
2020.10.07
演題登録を開始しました
2020.08.05
開催方式に関するお知らせを更新しました
2020.04.13
演題登録期間を更新しました
2020.04.10
開催延期が決定しました
2020.04.01
演題登録を一時停止しております
2020.03.25
演題登録を開始しました。
2020.01.20
ホームページを公開しました。